SM調教実話小説

■はじめに
本来なら一回の調教を起承転結含めて全て書き上げるべきなのですが、詳細に記述すると超長文になってしまうので…個々のプレイを特出して掲載します。

また、記事の性質上、モデルの性奴隷が同一ではありません。
私の調教メモ及び記憶に詳細な調教内容のものを書き起こしています。

■経験談について
経験談は全てノンフィクションです。
『まさか、こんな事が?』と思う事もあるでしょうが、作り話ではなく実際に上記の調教を受け、快楽に溺れた性奴隷が存在するのです。
創作では味わえないリアリティをお楽しみ下さい。

1篇1篇は本当に短いですが、出来るだけ調教メモから忠実に書き起こした短編集です。
どうぞ脳内調教擬似体験をお楽しみください。

調教小説メニュー

強制快楽調教

【快楽】
強制快楽調教
「快楽」という苦しみ、届かない絶頂


恥辱と屈辱の露出

【恥辱】
恥辱と屈辱の露出
室内調教の前に。性奴隷の「お散歩」


背徳のアナル虐め

【背徳】
背徳のアナル虐め
逸脱した性戯。心身を汚し悦楽に浸る


性奴隷の罰と躾

【苦痛】
性奴隷の罰と躾
痛みによる陶酔と不合理な感情の狂乱


理不尽な奉仕

【奉仕】
理不尽な奉仕
絶対服従に導かれる性奴隷の哀と愛

この調教小説は現在、全5章10頁で構成されています。
必要に応じて加筆・編集・新記事作成を行います。
更新を行った際にはサイト内にて告知を致します。